有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2020年06月23日
ブログ

知らないではすまない。賃貸経営はすべての責任がオーナーに帰属する。

世間でよく耳にする、賃貸経営のトラブルのひとつ。

アパート・マンション等の一括借上げ(サブリース契約)における賃料改定。

最大の原因はオーナーが他人任せにしていることです。

一括借上げで資産運用の甘い罠。

30年の一括借上げ契約を締結した。

そんなに大きく利益は出ないが順調なようだ。

毎月決まった日にサブリース会社からの入金を待つだけ。

てまひまもかからずこれは最高だ!

不動産会社のいうとおり安心安全な資産運用だ。

これからも任せておけば安心だ。

 

うらを返せば賃貸の現場でなにが起こっているかオーナーは全く知らないと言うこと。

これは恐ろしいことです。

10年目のある日。突然、家賃が少なくなった。

「10年経過後に賃料の見直しを行う」

「その後は2年ごとに賃料の見直しを行う」

契約書を指さしながら淡々と説明する担当者。

 

「そんなの聞いていない。知らない。」

これではあとの祭りです。

 

賃料は下がる一方。

おまけにこの頃から、高額なリフォーム代なんかも差っ引かれだします。

 

けど変わらないものがある。

毎月の「ローン返済」。

最悪、ローンが払えなくなり破産するかも知れません。

 

オーナーのみなさんサブリース契約のときしっかり確認してください。

納得する契約で、しっかりそのメリットを享受してください。

 

・賃料が発生するタイミング

・賃料減額請求にかんする取扱い

・サブリース契約を解約できる場合はどのようなときか

・修繕およびリフォームに関する費用の負担割合とその決定方法

・保守等メンテナンス業務の方針はどうなっているか

・敷金の管理方法

 

今一度、確認されてみてはいかがでしょうか?

■鹿児島市ベストホームHPもごらんください

arrow_upward