有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年07月01日
ブログ

自宅マンションを賃貸しました。税金はどうなりますか!?

急な転勤になりました。

自宅マンションを人に貸すことにしました。

税金面で気を付けること、何かありますか?

家賃収入があれば確定申告が必要になります。

自宅マンションを賃貸すれば家賃が入ります。(家賃収入)

この家賃収入から経費を引いた年間所得が20万円以上になれば確定申告が必要です。

 

それでは、経費にはどんなものがあるのか以下に挙げてみます。

・自宅マンションの固定資産税・都市計画税

・火災保険料

・管理組合に支払う管理費等

・家主が負担した修繕費用

・不動産会社に支払った仲介手数料

・建物部分の減価償却費(土地には減価償却費がありません)

・住宅ローンの利息部分(住宅ローンの返済がある場合)

 

これらの必要経費を差し引いた家賃収入が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

 

なお、家賃収入には共益費や礼金も含まれます。

敷金については、退去時に返還するものなので収入には含まれません。

税額控除は受けられませんか?

税額控除を受けることも可能です。

税額控除を受けるためには、自宅マンションを賃貸した日から2ヶ月以内に所定の書面を税務署に提出する必要があります。

・所得税の青色申告承認申請書

この申請書を提出することにより確定申告の際に所得金額から10万円が控除されます。

 

気を付けて欲しいことは、住宅ローンの返済がある場合です。

この場合、住宅ローン控除は受けられなくなります。

ただし、一定の手続きをしておけば、再度、居住を開始した時に住宅ローン控除が再適用されることもあります。

・住宅ローン控除についてはこちらからご覧ください

■ご自宅の賃貸のご相談はこちらからお気軽にどうぞ

arrow_upward