有限会社ベストホーム
9:00~17:30
水曜・日曜・祝祭日
2021年05月17日
ブログ

家主が替わります“預けた敷金”は大丈夫ですか?

住んでいるマンションの家主が変更すると通知が届きました。

預入れた敷金はどうなりますか?

他にも賃貸条件などが変更になるのですか?

敷金返還債務は新賃貸人に当然承継される

住んでいる賃貸マンションの家主(賃貸人)が替われば、敷金はどうなるのか?

 

ある日突然、家主変更の通知が届いたら不安になりますよね。

家賃を値上げするんじゃないか、ひょっとしたら解約されるんじゃないかとか。

そして、預けた敷金は返ってこないんじゃないか、など色々心配になります。

 

でも、大丈夫!ご安心ください。

家主(賃貸人兼所有者)が変更しても、あなたと交わした契約はそのまま引継がれます。

“敷金の法律関係は賃貸借契約に付随従属する。建物所有権の移転に伴い賃貸人の地位に承継があった場合、敷金の法律関係も当然に新賃貸人に承継される”

 

だから、あなたが預けた敷金は新しい家主さんが保全しています。

将来、部屋を退去する時は、新しい家主さんから敷金を返してもらえます。

家主が交替しても、あなたの権利は何の変更もなく、今まで通り住み続けられます。

 

ただし、家主が破産して競売になると話が全く違ってきます。

競売になって家主が替われば、あなたとの契約関係が無くなってしまいます。

つまり、預けた敷金は引継がれることはありません。

敷金の返還請求は、前の家主に対して行う必要があります。

 

■鹿児島市ベストホームHPはこちらからどうぞ

arrow_upward