有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2018年12月17日
施工事例

新築マンションだからと安心してはいられません

この時期から春に向けて新築賃貸マンションの竣工が増えてきます。

いいですよね!新築マンションの真新しい匂い。期待に胸がふくらみます。

完了検査には立ち会ってください

新築賃貸マンションの引渡し前に行われる、施主の建物完了検査。

忙しいとは思いますが、大切な自分の資産。

大きなマンションであれば半日くらいチェックにかかるかもしれません。

しかし、苦労して建てたマンションです。しっかりご自分の目で確認してください。

入居トラブルを未然に防ぐ大事な作業です。

意外な見落とし箇所があるものです

事前に用意したチェックリスト。

そのリストの項目に従って順に点検していきます。

建設会社もあらかた点検をしてますが、竣工が近づいてくると色んな作業や申請をしなければならず、なにかとバタバタしているものです。

意外なところに“えっ!?”と声をあげたくなる部分もあるはずです。

(そんなときでも怒らないでください。監督さんは一生懸命されています。)

見つけた不具合は必ず修繕しましょう!

発見した不具合は写真を撮ったり、ポストイットなどで印をつけたりします。

その場で修理できるものはすぐに手直ししてもらいます。

後日の段取りになる箇所については、念には念をいれて確認しましょう。

結局、修繕がされずに入居者からクレームがくる場合もありますので十分に気を付けたいところです。

 

私は、完成したマンションに時間帯を変えたり天候が違う日を選んで、引き渡しまで何回も出入りします。

するとここは後々、クレームになるだろうなと思うようなところまで目に付きます。

 

手直しをする一番の理由は、気持ちよく入居してもらうことです。

そのためには労を惜しまず努力します。

■関連記事はこちらからどうぞ

arrow_upward