有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年11月12日
ブログ

“製硯師”どんな職人さんか知ってますか?

新聞を読んでいてはじめて目にした職人の名称でした。

書道のとき使う「硯」をつくる職人のことです。

知っている人はごめんなさい。

調べてみると、非常に奥深くその歴史もすごい!

職人ではなく、日本でいう“匠”“名工”。ヨーロッパでいう“マイスター”と言っても

いいのではないでしょうか。

何千年と残る構造計算。

筆、紙、墨、硯を文房四宝と言うそうです。

筆、紙、墨の3つは消耗品。

 

残る硯だけは、子々孫々と受け継がれていくものだそうです。

昔の中国の名工たちが作ったものになると、何千年と受け継がれ、美しく、壊れにく

い、緻密な構造計算のうえ製作されているようです。

 

年間に1000面(個)以上を扱う現代の製硯師さんでも、このような硯にはめった

にお目にかかれないそうです。

 

最適な硯になる石は、地球上の岩石の総量のうちほんの数%だそうです!

 

 

社会は職人さんの力で成立しています。改めておもいます。

 

ちなみに、1000年に1度の物件とかあるんですかね!?(笑)

■ベストホームHPはこちらからごらんください

arrow_upward