有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年05月29日
ブログ

心が折れずに楽しく働くポイントとは!?[ストレス・パワハラ社会を生き抜くため]

どんなに健康なひとでも、長時間労働で睡眠不足が続けば心と体が不安定になると言われます。

そんな状態のときに職場の人間関係やパワハラなどのストレスがかかかると・・・

辛いときに逃げたらダメなんですか?

長時間労働で過重なストレスがかかる毎日が続けば、どんなに頑健な人でも体調を崩してしまいます。

そうしてうつ状態になってしまうこともあります。

“根性がない”とか精神論で片付けさせられる時代はもうとっくに過ぎています。

 

「逃げてええ。会社なんて他人がつくった金もうけの箱。一番大切なのは自分の身」

どうですか!?このフレーズ。

すーっと入ってきませんか?

90歳の現役精神科医の中村恒子先生の言葉です。

 

逃げていいんです。

過重労働や理不尽なパワハラに対しては行動を起こさないことにはなにも変わりません。

3つのR(アール)がよく効きます。

職場の人間関係で悩む若いひとたちも多くいます。

現代のストレス社会を生き抜くためには、“本音で話せる(相談)人を持つこと”

“他人に多くを求め過ぎない”ことも大事なことではないでしょうか。

 

それでは、心が折れずに働ける3つの(R)ポイントをご紹介します。

・REST(レスト)…良質な食事と適切な睡眠

・RELAXATION(リラクセーション)…リラックスできるオフの時間

・RECREATION(レクリエーション)…気分転換できる楽しいことを

SNS蔓延の世の中。つながらない権利もあるんです。

今は、ラインやツイッターといったSNSを中心としたつながりの世界。

会社から上司から、夜中でもメールが来るかもしれません。

 

SNSはとても便利なツール。反面、ものすごく神経を緊張させるものです。

仕事とプライベートを完全に分ける“オフの時間”をつくるためにも「つながらない」勇気をもつことも大事です。

自分を見失わずに賢く、したたかな選択をしていく勇気を持ちたいものです。

 

「孤独だってかまわない」

先の中村先生の言葉です。

孤独を恐れない人は、他者を束縛したり同調圧力をかけないものです。

そういう人の周りの人間関係はとてもスッキリしていて気持ちがいい爽やかなものです。

 

自分を大切にできるのは自分しかいません。

緊張と弛緩。健全でメリハリの効いた生活を送りたいですね。

 

あっ!勘違いしないでください。

ひとりぽっちになりなさいなんて意味ではありませんので(*^^*)

 

※参考「心に折り合いをつけて うまいことやる習慣」著者:精神科医奥田弘美先生

ホームページはこちらからどうぞ

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward