有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年06月25日
ブログ

“不動産の買付証明書”どのタイミングで出せばいいですか?

気に入った物件が見つかりました。

家族とも相談した結果、購入することに決めました。

さて、次に何をすればいいのでしょうか?

売主さんに“買いたいという意思表示”をしましょう。

やっと気に入った物件にめぐり逢うことができました。

じっくり家族とも相談した末、買うことに決めました。

さて、ここからどうすればいいのでしょうか?

マイホームを購入予定のお客様からよく質問されることです。

 

一番最初にすることは、その物件の売主さんに対して“買いたい”と伝えることです。

口頭でもいいのですが、できれば書面で確実に意思表示をしてください。

直接、取引を予定されているのなら直接、売主さんへ渡してください。

仲介業者があるのなら、仲介業者を通して売主さんへ提出してもらいましょう。

 

あなたからの購入希望の意思を伝えられた売主さんは、検討の末、回答します。

OK!なら、売買契約に向けて準備スタートです。

また、この間の物件購入の優先権はあなたのものと考えて大丈夫です。

購入申込書には何を書けばいいのですか?

購入申込書(あるいは買付証明書)には、以下の内容を記載しましょう。

・物件の表示(所在地・種別・用途・面積・構造など)

・購入希望金額

・手付金の額(場合によっては申込証拠金が必要な場合も)

・売買契約予定日

・ローン承認期日(ローンを利用する場合)

・決済及び引渡し時期

・購入にあたっての条件など(値引きや境界測量、防蟻工事、更地渡し希望など)

・購入申込書の有効期限

・購入申込書の記入日

・購入者の住所、氏名、連絡先(しっかり押印すること)

 

交渉が決裂すれば、何もなかったことになります。

当然、買主、売主、双方ともペナルティを受けることもありません。

もし、申込証拠金等を支払っていた場合は速やかに買主に返還されます。

住宅ローン申込も同時進行で行いましょう。

購入申込書を提出、売主さんからも了解を得られました。

次は、契約に向けて準備をします。

この時に、同時進行で住宅ローンの申込も行いましょう。

住宅ローンの審査は、思ったより時間がかかる場合があります。

ローンの有効期日が迫っているのに、まだ審査中だったりすればとても焦るものです。

売買契約で決めた期日を前倒しするくらいのスケジュールがおすすめです。

 

最後に上手くスケジュール通りにいくポイントをお伝えします。

“連絡を密にとること”です。

不動業者や金融機関の担当者とまめに連絡を取り合ってください。

 

そうすることで、あなたの優先順位がぐっとあがります。

受け身で待っていてはだめです。

■ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!お待ちしています。

arrow_upward