有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年09月25日
ブログ

“汗を流してやる気になる”月に一度の習慣です。

この仕事をしているとデスクワークが増えてきます。

そこで最低、月に一度は必ず行う習慣ができました。

管理ビルの掃除や月極駐車場の草刈りをして、汗を流します。

“一日かけて丹念に掃除”するとたくさんの発見がある。

カレンダーをじっくり眺めてスケジュールを考えます。

その日の天気も大事ですね。

掃除の日が決まったら、朝早くから決行です!

今日は、月極駐車場の草刈り作業。

毎回、除草してもすぐに生えてきます。生命力が旺盛です。

大きな雑草は鎌で切り取り、地べたをはう小さな雑草は手で摘み取ります。

轍が出来ていたり、区画線が切れていたり色んな発見があります。

「これじゃ駐車しづらいだろうな…」

もっと早く気づいてやれば良かったと申し訳なくなります。

“自分の目で確かめる”効率悪いけどこれが一番です。

専門の業者さんにお願いして、定期清掃もやってもらってます。

スタッフにも、巡回してもらいチェックはしているつもりです。

もちろん、プロの掃除屋さんですからビルもきれいになります。

大きく壊れていたり、汚れたりしていれば、皆すぐに報告をくれます。

 

しかし、いつも思います。

“なにかが足りたない”

実際、不足していることが多々あります。

忙しくても自分の目で物件を見て回る。自分に課した使命です(笑)。

 

汗だくなって作業を終わると、何とも言えない充実感が湧いてきます。

汗を流せば初心に返るような気がします。

■ホームページはこちらからごらんください

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward