有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2018年07月19日
ブログ

イオンモール鹿児島。売り場面積は75,000㎡超。

イオンモール鹿児島、鹿児島市民であれば、一度は訪れているのではないでしょうか。

鹿児島進出して、昨年で10周年。75,000㎡を超える巨大なショッピングモールに、

巨大な駐車場は、すべて無料で利用できる。

飽きさせない仕掛け

イオンモールの商圏人口は75万人。鹿児島市人口が約59万人だから、その周辺地域や県下全域から集客をしていることになります。

年間来客数はなんと1,200万人。驚きです!

お客様を飽きさせない不断の経営戦略もすごい。年間を通してイベント(催事)を行っており、その回数は、600回ほどだそうです。

エンターテイメントを兼ね備えた、巨大ショッピングモールです。

当然、これだけの人が県下一円からやってくるので、周辺道路はいつも渋滞ですね(笑)

とくに産業道路(国道226号)からイオンへの入口交差点は、いつも混んでいてすごいですね。ちなみに、抜け道も存在しませんので、十分にお気を付けください。

ご来場の際は、お時間に余裕をもってお越しください。

イオン進出でエリア販売額急増

数字にも如実に表れています。

イオンがある谷山エリアの販売額は、1451億円。(2007年統計比16.9%増)。

続く、鴨池郡元~宇宿与次郎エリアは、1606億円。(同比2.8%増)。このエリアは、オプシアミスミやフレスポなど、大型商業店舗が立地しています。

そして、天文館中央エリアは、1227億円。(同比20.9減)。

アミュプラザを中心とする中央駅周辺は、43億円。(同比6.3%減)。

※データは南日本新聞より参照

 

一概に言えるものではありませんが、それぞれのエリアの発展力に沿うように、不動産市況も左右されている面もあるのではないかと思います。上のデータから垣間見えたような気がしました。

今後の鹿児島は、この3つのエリアを核とした街づくり(再開発等)が、すすんでいくと思われます。

そんな発展する街‟かごしま”を見つめながら、地域に貢献していければと思います。

arrow_upward