有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年09月09日
ブログ

10件に3件くらいですね。世の中の流れみたいなものも確かに感じますね。

過熱した不動産投資への融資引き締めが日に日に実感されます。

相続税対策の新築アパート建設や低金利を武器にした新築一棟マンション投資。 

ここに来て落ち着きが見られます。

それでも貫きたい。やり抜きたい。頑張りたい。

ニュースでもやってました。

上場不動産会社の不正発覚や経営破綻。超有名不動産会社の手抜き工事問題。

不動産業界にはなにか暗雲が漂っている感があります。

社会の信用を無くすことがとても残念です。

 

こういったことも関係しているのでしょうか、

 

「(賃収物件の融資申込が)だいぶ減りましたよ。以前より審査基準が厳しめになりましたから。」

「10件案件が持ち込まれて、事前(審査)を通過するのは10件中、2件か3件くらいですかね。」

「ご存知の通り世間全体(金融機関全体)の流れみたいなものも感じますよね。」

 

銀行の審査の人が仰っていました。

う~ん、やはりそうか…。でも可能性はゼロではない。

新築で鉄筋コンクリート造りの賃貸マンションの場合。

いろんなメリットを享受できます。

 

・低金利で30年~35年の長期で借りられる。

・中古アパートやマンションを買うときに比べて少ない自己資金で済む。

・キャッシュフローが安定するため計画性が保たれる。

・長期で運用できるのである程度の経済の波にも耐えられる。

・次の購入者も長期のローンが組めるため売却の優位性もある。

・建築過程を自分の目で確認できる。

・家主目線の付加価値(希望要望)が後付けできる。

 

こんな有利な投資条件の融資はないよなあ。

と、つくづく思いました。

 

10分の3に賭けてみたいです。

■ご意見やご感想などございましたらぜひお聞かせください

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward