有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年04月27日
ブログ

マイホームを手放すときの辛さは想像以上のものがあります

だれもが描くマイホームの夢。

しあわせな家庭を想いながら希望に胸ふくらませやっと手にしたマイホーム。

このあふれるばかりの幸せがずっと続くと思っていた。

ちょっとした異変から崩れていく計画そのもの

事業の不調。突然のリストラ。

家族の病気や事故。なかでも夫の病気は大きな収入源を絶たれる。

子どもへの過大な教育費負担。離婚。

 

いままで携わってきたマイホーム売却(任意売却)に至った理由です。

※任意売却とは競売前などにする財産の清算方法です

 

共通していることは、みんな「真面目で誠実」なひとばかり。

ローン返済のため、いろんなことをしてお金の工面に奔走。

だれにも相談せずに。

 

相談を受けたときは、深刻な状況になってからでした。

「もう少し早くお話いただければ・・・」

いつも悔しいです。

再起を信じるだけです。あなたの奮闘を祈っています!

売却できても残債がのこるケースがほとんどです。

破産せざるをえないときもあります。

 

いよいよ家を離れるときには、もう精も根も尽き果てています。

泣きじゃくる姿は見るに堪えません。

かける言葉も出てこない。

 

「必ずまたマイホームを買ってください!再起を祈ります!信じます!」

こう強く強く想って、うしろ姿を見送ります。

 

■ホームページはこちらからどうぞ

 

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward