有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年03月25日
ブログ

空室対策セミナーで見えてくる。今すぐに取り組むべき課題。

賃貸経営に必要なこととは、何であるか。大切な不動産資産を預かる、管理会社のするべき一番重要なこととは。

空室率20%時代を、賢く生き抜くための、ヒントが確かにある。

そして、これからの賃貸管理は180度、大きく変化していくと思う。

不安要素は、まず数値化して検証せよ。

賃貸管理会社の社長、直々にセミナーの講師をしてもらいました。

本来はオーナー様向けである「空室対策セミナー」を、約2時間、弊社スタッフたちと、みっちりと受講させてもらいました。

スタッフを同席させたのは、日常的に接している入居者の目線とは、敢えて違う視点(オーナーの位置)からの、賃貸というものを感じてもらいたいとの思いでした。

また、スタッフたちも日頃、そんなに意識したことはなかったと思うが、「管理専業会社」と「仲介+管理会社」とのベクトルの違いや、そのメリットとデメリット。また、そこで働く社員たちのモチベーションは、どこへと向かう目的感で支えられているのか…。

総じていえば、それらが、オーナーに対して“得”なのか“損”なのか。考えるいい機会になればとの、重いからでした。

オーナーの賃貸経営と仲介会社の経営との、根底から違うギャップが生み出す弊害。

たとえば…

空室損料を抑えるための、家賃の値下げは正解なのか?

(営業マンの言う通り、古くなったから家賃を下げることが普通なのか)

ありきたりのリフォームで、入居は決まるのか?

(進められる通りにリフォームすれば、物件の魅力はあがるのか)

短期成約を目指す、空室対策の方法とは?

(家賃の値下げと最新設備の導入ですよ…本当だろうか)

 

などなど。

そこには、驚きの方程式が存在していました。

さあ、わが社も‟オーナーの強い味方”として、これからも必要とされる管理会社として、取り組んで行きたいと思います。

はじめて聞く言葉もあるが、一生懸命な姿勢が見えました。
メモをとるスタッフ
はじめて聞く言葉もあるが、一生懸命な姿勢が見えました。
確かなマーケティング力とその数値化した説明は説得力絶大です。
講師の管理会社社長
確かなマーケティング力とその数値化した説明は説得力絶大です。
この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward