有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年02月12日
ブログ

住宅ローン控除、中古住宅でも受けられますか?

確定申告の時期になりました。

住宅ローンでマイホームを購入された方は、しっかり住宅ローン控除を利用したいです。

住宅ローン控除とは?確認しておきましょう。

住宅ローン控除の確認をしておきましょう。

マイホームを購入したとき(入居した年分)から10年間、住宅ローン控除が受けられます。

住宅ローンの年末残高と住宅の購入代金のどちらか少ない金額の1%が、所得税から控除されるものです。

・控除額は40万円が限度

・一般売主(個人)の場合は20万円が限度

 

ただし、自治体から補助金を受けた場合。

または、住宅購入資金の贈与の特例を受けた場合。

それらの金額を購入代金から差し引かなければなりません。

条件を満たせば中古住宅でもローン控除が受けられます。

例えば、中古住宅を1500万円で購入。30年の住宅ローンを組んだ場合。

年末のローン残高が1400万円として計算してみます。

・購入代金1500万>ローン残高1400万円

・1400万円×1%=14万円

控除額は14万円となり所得税から差引くことができます。

 

※中古住宅の条件※

・築20年以内(マンション等耐火建築物は25年以内)

・床面積が50㎡以上

・上記の2分の1以上が住居用

・引渡しから6ヶ月以内に入居かつ年末まで住み続けていること

 

なお、所得税から控除しきれなかった金額がある場合、翌年分の住民税から一定額を上限として控除されます。

住宅ローン控除を受けるための手続きは?

必要書類を準備して確定申告をします。

・住宅ローンの年末残高等証明書

・売買契約書

・不動産登記簿

などを添付します。

 

会社員の場合は、翌年から年末調整で控除を受けることも可能になります。

高額な住宅ローンです。しっかりその制度のメリットを活用して節税したいです。

■ここが知りたい!こちらからごらんください

arrow_upward