有限会社ベストホーム
10:00~18:00
水曜・日曜・祝祭日
2021年03月18日
ブログ

太陽光発電が減少したのはあなたのせいだ!?

購入した土地に建物とカーポートを建設しました。

その建物とカーポートに太陽光パネルを設置。

隣地は空地であったため、日差しも良く入り太陽光の受電も良好です。

隣地の地主に日照を阻害しないように要請

せっかく設置した太陽光パネル。

受電も順調。

建物の電力をまかなってなお余剰電力も出ています。

しかし、気になることがひとつ。

それは“となりの空地”

心配になり、となりの地主さんへ次のような手紙を送りました。

要約すれば「今後、日照を阻害しないよう配慮を要請する書面」

建築基準法上なんの問題もない建物だ

しかし、となりの地主さんはその要請の書面を無視。

やがて立派な建物が完成することとなります。

その後、太陽光の発電量が半分近く減少したと地裁に提訴。

隣地の地主も“建築基準法上なんの問題もない建物である”と反論。

法定で争うこととなりました。

争点は受光利益侵害は不法行為となるのか?

裁判所が下した判決は「不法行為にあたらない」。

訴えを棄却しています。

そのうえで、“太陽光を受光する利益も法律上保護に値する”

そして、“建物(隣地)が発電量に与える影響は限定的であり強度と言えない”

と結論つけています。

 

ゼロエネルギーハウスなどが広く認知され太陽光発電装備も普及しています。

■ZEHとは?こちらからご覧ください

 

家が建てられるということは、その地域は法律で定められた用途であるということ。

隣が空地だからと、将来ずっとそのままの空き地であるとは限りません。

 

“いつかかならず家が建つかもしれない”

と予見することが大切です。

■不動産の豆知識はこちらからどうぞ

■鹿児島市ベストホームHPもごらんください

arrow_upward