有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2020年01月11日
ブログ

“相続で引き継いだ不動産を手放すタイミング”その真相とは?

年々、相続による不動産の売却相談が増えてきています。

つい先月、相続で引き継いだ御一族の本宅の売却のお手伝いをさせて頂きました。

向かい側に建つ実家“母がまだ居るようで”

生まれ育った生家。

それはたくさんの思い出がぎっしりと詰まっています。

老いてゆく両親のことを考え、すぐ近くに家を建て居を構えられた娘さんご夫婦。

やがて、父が亡くなりあとを追うように母もこの世を去りました。

誰もいなくなった実家。

向かい側に建つ明かりが灯ることもない実家。

 

空き家になった家は、荒れていくのも早いものです。

売るしかないとずっと思いつつも決心がつかなかったそうです。

「母がまだ居る気がして…なかなか手放す勇気がなかった」

 

この悲しみが癒えるのに3年。

売却の相談の電話が鳴りました。

そのお気持ちをしっかりと受け止めました。

■鹿児島市内の不動産のご売却のご相談承ります。

■ベストホームHPもごらんください。

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward