有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年05月24日
ブログ

土地の境界問題は平穏な日常を急変させます。

土地を買うとき。土地を売るとき。家を建てるとき。

あなたの土地には、境界をはっきりと示す“しるし”がありますか?

登記をしているからと安心しないでください。

今まで仲が良かったお隣さんが、境界のトラブルで一転、険悪な関係になるかもしれません。

今すぐ確認してください。境界を示す標識がちゃんとありますか?

境界標とは、目に見えない隣地との境界を現地で示す“しるし”です。

境界標の種類はたくさんあります。

金属標・プラスチック杭・コンクリート杭・木杭・石杭など。

境界標の頭部(うえから見下ろすと)には、位置を特定するしるしが付いています。

 

この境界標がしっかり敷地の隅に設置されていれば安心です。

 

境界標は、安心のしるしであり、あなたの土地を守るガードマンです。

 

権利証があるから、測量図面があるから、登記をしているから大丈夫。

なにも問題ないと思われていませんか?

 

いざ境界の問題になると、お隣さんとの間でいろいろ問題が起きるかもしれません。

誰がみても一目でわかる境界標があれば、そんなトラブルも回避できます。

あなただけの問題ではありません。子や孫に対する責任の証です。

実際にあった境界トラブルのお話です。

 

相続した土地の遺産分割をするのに、土地の分筆登記が必要になりました。

問題が起こる事など全く考えていません。

お隣さんからも、すんなり印鑑を押してもらえると思っていました。

ところが、現地での立会いになると、両者の主張する境界が食い違います。

そう簡単にことは運びません。

印鑑どころではなくなりました。

生前に両親から、土地の境界を聞いておけば良かったと後悔するばかり。

結局、なんとか話し合いがまとまりましたが、今でもお互いにぎこちなさが残ります。

 

このお話だけに限らず、境界のトラブルは日常的に起こっています。

 

話し合いで解決しない場合は、訴訟や裁判所の調停によらざるを得ません。

また現在、筆界特定制度といったものもあります。

このような制度を利用することも解決への糸口かもしれません。

 

大切な不動産。

次の世代に迷惑をかけないためにもしっかり認識したいです。

世代が変わっても、境界標は不変です。

 

■ご相談はお近くの土地家屋調査士におたずねください

■ホームページはこちらからどうぞ

arrow_upward