有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年01月13日
ブログ

お部屋探しのガイドブック①~これからひとり暮らしをするあなたへ~

進学や就職のシーズンが近づいてきました。親子でお部屋探しに訪れるかたも日に日に増えてきます。ほとんどの方がはじめての一人暮らしになるようです。お部屋を借りるときの基本ルールをお伝えします。

はじめにリーガルマインドの自覚を持つこと

部屋を借りる場合、貸主さんとの間で建物賃貸借契約を結びます。

この賃貸借契約とは、簡単に言えば“約束”のことです。

当然、契約で定められた内容はお互いに守らなければなりません。

契約の内容をよく確認すること。契約を交わしたならこのルールを自覚すること。

大切なのは自分のなかにこの“リーガルマインド”をきちんと持つことです。

※リーガルマインド=法的思考力のこと。

それぞれの権利と義務

お部屋を借りるとき貸主さんとの間で契約をします。

お互いに納得して取り決めた約束です。

貸主(家主)は、家賃をもらう権利とあなた(借主)が安心・安全に生活ができるように部屋を貸す義務を負います。

一方、あなたは部屋を利用できる権利と家賃を払う義務が発生することになります。

契約とは社会的な約束ごと

いったん成立した契約は守らなければなりません。

しかし、あなたの一方的な都合で契約を取り消したいときはどうなるでしょうか?

この場合、違約金という金銭の支払い義務が生じるときがあります。

このように、成立した契約を取り消す(解除)ときは十分に注意をしてください。

そのためにも、契約のときはその内容をしっかりと確認しましょう。

分からないことは、遠慮せずにどんどん質問することです。

必ず納得したうえで契約をしてください。

arrow_upward