有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年05月16日
ブログ

空室にどれだけ情熱を注げるか!運を味方に変える空室対策!

賃貸経営にとって空室リスクは避けれないことです。

物件も年をとってくると、周囲に若くて元気なマンションが建ち並び、激しい入居者獲得にさらされます。

手を抜けばそこから幸運は逃げていく。

みんながみんな、新築を好むとは限りません。

毎日、いろんなお客様がお部屋探しに来店されます。

十人十色、希望のお部屋の条件もさまざまで千差万別です。

と言うことは…そうなんです!

どんなお部屋(空室)にもチャンスはあるのです!

だから、あきらめないで!ください。

…どこかで聞いたことあるフレーズです笑。

足を踏み入れた瞬間が天国と地獄の分かれ道…

お客様がお部屋(あるいはエントランス)に足を踏み入れた瞬間。

「あっ、ここありえない」と思うのか。

「あっ!ここいいかもしれない!」とじっくり内見されるのか。

このとっておきの瞬間が、大家さんにとっては天国か地獄かの分かれ道です。

濁り水で淀んだ池より煌めく清流の川で泳ぎたい

賃貸業界は繁忙期を過ぎましたがそれでも毎日お部屋探しをされる人はいます。

いつお客様がお部屋を内覧されるかわかりません。

エントランスはチラシの山、駐輪場はめちゃくちゃ、通路にたばこのポイ捨て。

お部屋を開けると嫌な臭い、床にうっすらホコリが積もり足跡がついてる…。

お客様はの心はもう決まっています。

お部屋の中を見るまでもありません。

「あっ、この部屋ありえない」

一瞬の判断です。

 

お客様をしっかり迎え入れられるようにしたいです。

そのために、どれだけ空室へ足を運んだか、その回数で成約率はグンとアップします。

その情熱が運を呼び寄せると信じています。

 

玄関を開けた瞬間、ふわ~っと清流のような爽やかな香り。

お客様の好奇心を掻き立てます。

■その他の空室対策はこちらからごらんください

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward