有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年10月08日
ブログ

長期戦になった境界のトラブル。

隣地との境界。目に見えない境界です。

しかしはっきりと線が引かれています。

お隣りさんとお互いに納得してサインと押印をしました。しかし・・・

境界確定測量が済んでいても納得できなければ工事は進みません。

建築工事が終わって、隣地との間に境界ブロックを新設するときのことです。

境界ポイントの復元をして、ブロック積工事をすればすべて完了です。

何の問題も起こるはずもないだろうと、みんな考えていました。

 

ところが、再度、関係者全員に立会い確認の要請の連絡が来ました。

「なにが起きたんだ?」

内心、不安に思いながら現地に向かいました。

久しぶりの面々が勢ぞろいでした。

どことなく、みんな顔色が曇っているような感じがしました。

“もともとあった境界ブロックとの位置が違う”と隣地所有者。

さかのぼること1年前。

両隣の所有者の方、そして後ろの所有者と県道路の管理者、これら関係者全員との間で、土地家屋調査士立ち会いのもときっちりと境界確定測量をしました。

 

しかし、今回。境界ブロック工事の段階になって異論が出ました。

隣地の方いわく、「以前のブロックの位置と少し違う」。

 

再度、双方の土地を測量し直して、建設会社間での協議を何度も重ねました。

そして、今日。

なんとか(やっと)穏便に合意に至ることができました。

 

根気よく関係者みんなで協議を重ね続けた結果だと思います。

振り返れば、あれからもうすぐ1年が経とうとしていました。

■土地の境界問題は平穏な日常を急変させます

この記事を書いた人
森枝 真伸 モリエダ マサノブ
森枝 真伸
少子化で人口減少時代だからこそ賃貸経営はますます“質”が重要になると考えます。その質とは管理ではないでしょうか。それから、管理を計測することです。試行錯誤して得た失敗や反省など赤裸々な体験が力になると信じます。自身の経験や失敗から得た僅かながらの知識などお伝えできればと思います。真心通うあたたかい賃貸管理を心掛けています。お気軽にお声掛けください。何とぞよろしくお願い申し上げます。
arrow_upward