有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年09月03日
ブログ

事例にみる自然災害による建物の損害~問われる工作物責任~

日本は台風の国と言われます。最近も自然災害が猛威をふるう映像がニュースで流れます。巨大台風による被害も繰り返されています。自然災害によって建物に損害が出た場合、宅建業者にはどのような責任が問われるのでしょうか?

事例に見る~温室のガラスが飛散し隣地車両を破損

台風によって自宅の1階に設置した温室のガラスが割れて飛散しました。

その飛び散ったガラスの破片が、隣地の車両に当たって損傷させてしまいました。

 

判決は以下の通り。

“…本件温室の窓ガラスは、温室として通常有すべき安全性を備えておらず、本件温室の設置保存の瑕疵があった”と結論。

すなわち、建物所有者の責任が裁判により肯定されるに至っています。

 

しかし、この判決に建物所有者が反論。

“観測史上最大の強風であり、想定外であったから不可抗力である!”

としての言い分です。

 

この建物所有者の反論に対し、裁判所は次のように述べました。

“わが国では台風を始めとする強風は大型を含めしばしば発生しており、本件事故時の強風が従来から観測されている強風と質的に異なるものではない”

さらに、

“実際、事故当日の強風によって周囲の建物ガラスが破損した形跡もない。…事故当日が超大型台風並みであったことをもって、想定外とか不可抗力であるとは言えない”

 

そして“本件温室の設置保存に瑕疵があったことを左右しない”と結論しています。

宅建業者として注意しなければならないこととは

事例のように温室ガラスをはじめとして、近年は見栄えも良く採光性も優れたガラス張りのお洒落な建物が増えています。

台風はもとより、少しの強風でも、ガラスが破損する可能性は増えています。

自分の建物は大丈夫!

安易な考えは戒めなければなりません。

 

通常の建物よりガラス面が多いので、安全性には特別の注意が必要であると言えます。

宅建業者として、このような管理上の安全面についても十分なアドバイスをしていくように心がけなければなりません。

備えあれば憂いなしです。

 

■ここが知りたい!はこちらからご覧ください

arrow_upward