有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年01月29日
ブログ

真珠を選ぶとき、美しさを左右する4つのポイント。

クレオパトラから、エリザベス1世など古くから愛され続けられている“真珠”。

聖なるもの、希少なものとしての存在感ある真珠。

限られた人のみが持つことができる権力の象徴でもあったようです。

 

最も重要な要素である“巻き”

独特な魅力を放つ真珠。ではどのような真珠がいい真珠といえるのでしょうか?

その真珠選びのポイントのひとつである“巻き”。

巻きとは、真珠層の重なりのことを言います。

核と呼ばれる幾層にも重なった真珠層。

真珠層の厚みが増すことで内部から発せられる深い輝きが感じられるようになります。

時間をかけて丁寧に養殖された真珠は、幾重にも真珠層が重なった“巻き”によりさらに美しくなり、耐久性も増すことになります。

2つ目が巻きと密接な関係にある“テリ”

続く2つめのポイントである“テリ”。

テリとは、真珠の持つ光沢や輝きのことです。

質のよい真珠層で形成された真珠は、顔が映るほどの艶や“テリ”が出ます。

さらに、光の屈折や透過で出現する干渉色という独特の色彩を放ちます。

一度、顔を近づけて覗いてみてください。

3つ目が体型やファッション、用途で選ぶ“サイズ”

そして3つめのポイント、ご自分の体型やTPOによって選ぶ真珠の“サイズ”。

その大きさによって演出される装う姿が全然違ってきます。

好みやデザインに応じてチョイスできる楽しさがある一方、その大きさによっては希少性があり価格も重要な選択の要素になってきます。

高額といえば大粒の真珠を想像しますが、近年では希少性がある小粒サイズも高値で取引されるなど脚光を浴びています。

最後は“キズ”で品質を確かめる

そして、真珠選びの最後のポイントである“キズ”について見てみます。

当然ですが、真珠の“キズ”が少ないものほど高品質の証です。

真珠の表面に見られるへこみや突起、シワなどがキズに当たります。

キズが少なく艶やかな珠ほど、希少性があり高価になります。

ただ“エクボ”と呼ばれる自然なへこみなどは、個性的として人気がるようです。

真珠はとてもデリケート。お手入れも大切です。

真珠は有機物。とてもデリケートなものです。

酸、熱、水に弱く、使用した後は必ずお手入れを忘れずにしてください。

・外したら柔らかい布で拭いて保管する

・身支度のいちばん最後に身に着ける(化粧品、ヘアスプレー、香水などNG)

・乾燥、湿気、光は大敵(専用ジュエリーボックスなどで保管する)

・ネックレスの場合、年に一度は糸替えをおすすめします

 

女性特有の装いを一段と煌びやかにしてくれる魅力ある真珠。一生もののアイテムとして末永くおつき合いしたいですね。

■くらしのアンテナはこちらからどうぞ

この記事を書いた人
清 里実 キヨシ サトミ
清 里実
賃貸管理業務を担当しています。毎月の家賃等の管理をしています。こちらから、ご入居者様にご連絡させていただく場合もございます。お部屋の不具合などございましたら、遠慮なく仰ってください。ご入居後の安心をお約束できるようにお客様の立場にたつことを心がけています。主婦目線を大事にしています。いつも清々しい接客ができるよに笑顔を大切にしたいです。どうぞよろしくお願いします。
arrow_upward