有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2019年11月15日
ブログ

夏涼しく、冬暖かい、住空間を創出します。

2020年、新築住宅の半数以上が、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH住宅)になると言われています。

建物の高断熱化と設備等の高効率システム化で、住まいのエネルギー源の自給を目指します。

また、HEMS採用で家電設備と接続することにより、住宅エネルギーの一元管理も可能になります。

環境に優しく快適な住空間を実現

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは、エネルギーを消費しない住宅です。

太陽光発電システムなどで、電力を自給する。

建物は高断熱化と高効率設備で、可能なかぎり省エネを実現する。

そして、年間を通して、消費するエネルギーの収支をゼロにする住宅です。

太陽光発電を蓄電池システムと組み合わせて、電力供給を安定させることも可能です。

また、HEMSと言われるシステムを使い、住まいの家電等と接続して、それらのエネルギー状況を、ひとめで分かるように(一元管理できる)システムもあります。

天井や外壁、床などに高断熱材を使い、窓も複層ガラスを採用。

さらに、高性能の空調や照明、換気、給湯設備などの導入により、エネルギーを無駄なく効率的に使うことにより、快適な住空間を実現します。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

 ※↑ZEH住宅とは?ZEHビルダー?経済産業省HP

ZEHビルダーの活用を

課題としては、一般の住宅と比べて、ZEH採用住宅は、価格が高いことです。

おおよそ、200万~300万ほど建築費が高くなるといわれています。

2020年度までに、新築住宅の半数以上を、「ZEH化」していくと、国も意気込んでいます。

今後は、補助金制度の充実や拡充。また、基準を満たすZEH住宅の住宅ローン金利の優遇などが、検討され、期待できるのではないかと思います。

これから、マイホーム建築予定の方は、ZEH住宅を検討されてみるのもいいかもしれないですね。

ZEHビルダーとして、登録されている地域の工務店さんなどに、相談されてみてください。いろんなアドバイスが聞けて、さらに見識が広がり、面白いかもしれませんね。

■ベストホームHPはこちらからごらんください

arrow_upward