有限会社ベストホーム
10:00~18:00
日曜・祝祭日
2020年09月04日
ブログ

台風シーズンになりました。事前に準備することとは。

台風が到来する季節に突入しました。

お部屋の外だけに限らず、室内の台風対策も重要です。

台風が本格的に近づく前に、今一度、見直しや準備・対策をしましょう!!

ご入居者のみなさまへ、事前の準備をお願いします。

■懐中電灯など防災グッズ、非常食の確認・準備

強風・大雨による停電の可能性も大きくなりますよね。

日中はまだ明るくていいですが、夜間に停電になると真っ暗で、不憫なうえ恐怖心も半端ない!

また、断水も困りますよね!

飲み水はもちろん、トイレの水すら流すことはできません。

懐中電灯やロウソク、ラジオ、飲料水、トイレ等の生活に使う水を湯船に溜めるなど、事前に対策しておきましょう!

 

■強風で物が飛ぶ可能性

強風で物が飛び、二次災害を起こすことがあるのはご存知だと思います。

もし強風にあおられた物が、飛ばされ落下したら???

考えるだけでゾッとしますね・・・

ベランダのゴミ箱や、鉢など対策しましたか?

物干し竿は下ろして固定し、洗濯ハンガーなどは部屋の中に入れてくださいね。

その他、ほうきやちりとりもお忘れなく!

 

忘れがちなのが、駐輪場の自転車!!これも必ずチェックしてください。

倒れたり、また飛ばされたりした場合、非常に危険です。

人や車に、危害を及ぼす前に、しっかり確認しておきましょう。

あと、基本中の基本!

台風時は外出しないこと!です。

 

鹿児島市の避難所一覧もご紹介しますので、避難警告等の出されたエリアにお住まいの方は、最寄りの避難所の確認をしてください。

⚠鹿児島市避難所一覧⚠

https://www.city.kagoshima.lg.jp/kikikanri/kurashi/bosai/bosai/hinanjo/shite.html

 

ここからは、わたくしの体験談です!

一昨年の台風の深夜に、入居者様より私の携帯に入電。

「エアコンから水がボタボタ流れ落ちてきています」と慌てた声でした。

ご入居中のマンションは、新築間もない新しい物件でした。

これは、エアコンの故障の可能性は薄く、強風が室外機から逆流し、雨水を押し戻していると私は判断しました。

入居者様には、強風が治まるまで近くの家財などを移動して、バケツやバスタオルなどで水漏れ対応をするよう指示しました。

やがて台風が過ぎ、風が弱くなったころにメールをしました。

すると、やはりエアコンからの漏水は止まったとのことでした。

 

■もし皆様でも、お部屋の中でこういう現象が起こったときは、まず強風による逆流と疑って、バスタオルやバケツなどで対応してみてくださいね!

 

別の台風での私の携帯への深夜の入電。

「火災警報器が鳴っています」

これは、感知器が風雨の吹き込みで誤作動を起こすことがまれにあります。

しかし、この時は電話で指示・誘導をするわけにもいかず、夜中、出動しました。

まず、管轄消防署へ通報。

そして現地へ向かい火災ではないことを確認、署へ報告して帰宅。

もし、お住まいの建物の火災警報器が鳴っていることに気が付いたら、管理会社へ連絡しましょう。

深夜の場合、連絡が取りづらいこともありますが何回かコールしてください。

そして、第一発見者として管轄の消防署へ通報しましょう。

 

☆鹿児島市消防署一覧☆

https://www.navitime.co.jp/category/0502003/46201/

 

「誤作動」かもしれませんが、もしかしたら「火災」かもしれません!

そうなると、1分1秒がとても大切です。

その行動で、被害も最小限に抑えることができ、救われる命があるかもしれません。

 

緊急時は、管理会社の仕事だから、自分はただの入居者だからという意識ではなく。

責任ある人間として、管理会社や入居者の隔てなく一致団結することが、とても大事だと思います。

それこそが、住みやすい理想の環境をつくっていくことだと強く思います!

 

■鹿児島市ベストホームHPはこちらからどうぞ

arrow_upward